cover_kontyu_kagaku_tokuhon昆虫科学読本
虫の目で見た驚きの世界
(日本昆虫科学連合 編)
ISBN978-4-486-02035-6

2015年3月24日 刊行

発行所:東海大学出版部
出版社の紹介ページはこちら

責任編者

神崎亮平かんざきりょうへい
1957年生まれ
筑波大学大学院博士課程生物科学研究科修了理学博士
現職:東京大学先端科学技術研究センター教授
専門:神経行動学
著書:『サイボーグ昆虫,フェロモンを追う』(岩波書店),『ロボットで探る昆虫の脳と匂いの世界』(フレグランスジャーナル社)他

光野秀文みつのひでふみ
1975年生まれ
京都大学大学院農学研究科博士課程修了博士(農学)
現職:東京大学先端科学技術研究センター特任助教
専門:昆虫生理学

藤井毅ふじいたけし
1976年生まれ
東京農工大学大学院生物システム応用科学府博士課程修了博士(農学)
現職:東京大学大学院農学生命科学研究科応用昆虫学研究室特任助教
専門:昆虫生理・生化学,化学生態学

目次

まえがき iii
第I部 興味深い行動習性の謎を解く
1 章 トンボの色いろいろ
二橋亮(日本動物学会)
2
2 章 灯りに集まる昆虫はどこをめざしているのか
弘中満太郎(日本比較生理生化学会)
15
3 章 香りではじまる虫の恋
藤井毅(日本昆虫科学連合)
29
4 章 群れると色が変わるサバクトビバッタ
田中誠二(日本ICIPE 協会)
47
5 章 クモの網が円くないわけ
中田兼介(日本蜘蛛学会)
63
第II部 共進化関係の巧妙さに迫る
6 章 食う,食われるの狭間で
森直樹・吉永直子(日本農芸化学会)
78
7 章 植物毒を利用するマダラチョウ
本田計一(日本鱗翅学会)
92
8 章 ハエからまなぶ寄生戦略
舘卓司(日本昆虫学会)
108
9 章 ウイルスはいかにして宿主を支配するのか
─昆虫のウイルスを用いた研究
勝間進(日本蚕糸学会)
122
10 章 わが国に侵入してくる蚊媒介性感染症とそのベクター
沢辺京子(日本衛生動物学会)
138
11 章 ダニと宿主生物の共進化関係にみる生物多様性の未来
五箇公一(日本ダニ学会)
155
第III部 新たな害虫防除法に挑む
12章 天敵の育種・飛ばないナミテントウで害虫防除
世古智一・三浦一芸(日本応用動物昆虫学会)
172
13章 細胞内カルシウム動態に作用する新たな選択性殺虫剤の開発
正木隆男(日本農薬学会)
186
14章 ゴキブリとの終わりなき戦い
田原雄一郎(日本ペストロジー学会)
198
15章 食品包装や容器に侵入するイモムシ
宮ノ下明大(都市有害生物管理学会)
214
第IV部 昆虫の知恵に学ぶ
16章 スズメバチの繭由来の新シルク素材
─その特性と利用可能性について
亀田恒徳(日本野蚕学会)
230
17 章 シロアリからエネルギー
吉村剛(日本環境動物昆虫学会)
243
18 章 昆虫に学ぶ匂いバイオセンサ
光野秀文・櫻井健志・神崎亮平(日本昆虫科学連合)
259
あとがき 279
索引 281
※氏名の後のカッコ内は本書の執筆にあたり推薦をいただいた学会(団体)名を示している.